モータープラケットの製作

1回の江草です。
今日はなかつくんはいませんでしたが、うまく曲げる方法を探してと頼まれていたので、今日はうまくアルミを曲げて加工することを目標にしました。

まず手を加えたのはAutodesk Inventorで展開図を作るときの設定をいじりました。
曲げ半径とか…

もうひとつは、曲げる場所を分かりやすくするために、NCフライスでアルミを切削するついでに1mmのドリルで印をつけてみました。

その結果以下のように良好な結果が得られました。
慣れればこのような部品が15分ぐらいでつくることができます。

ステッピングモータープラケット
ステッピングモータープラケット

うまくいきました!

が、切削するプログラムを作成するときに穴を一箇所開け忘れたのでそいつを修正してもう一個も作りました。

ステッピングモータープラケット2
ステッピングモータープラケット2

六角穴付きネジの在庫がないので発注しないとだめですね。

もうひとつ、今日は僕のロボットの設計もしたので明日お見せします。

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>