おぼんあけ活動

こんばんわ、Ⅲ回生の西です。
11~16は工学部が一斉休業(?)と言うことでガレージでは活動していませんでした。
ただし、個人が家や旅先で若干作業を進めていたみたいです。何とも頼もしい!

さて、今日の活動ですが、割と多くの人が作業+問題に直面ってかんじでした。
先ず一人目、わたくし西。

ギヤボックスを設計したが・・・

CNCでギヤボックスの板を切り出し、早速仮組。スペーサーを使いまくって部品点数が増える残念使用です。
しかしここで問題が。写真左に移っているギヤでタイヤの軸を回転させるつもりでしたが、ギヤの穴径を3mmから4mmに広げようとCNC+ボール版で加工して見るも、両方ともずれました・・・

穴の位置が。゚(゚´Д`゚)゚。

なぜかきちんと開きません。僕がへたくそというのもあるのですが、他の人にやってもらってもどうもうまくいきません。ギヤ高いのに・・・

ちなみに以前言っていたフレームなのですが、意外と綺麗に曲がりました。

きれいです

うそです。実は後ろはこうなってます。

肉抜きの部分が残念なことに・・・

まぁ動作に支障はないのでこのままでいこうと思います。

お次に江草君。なにやらモーター関係の回路を試行錯誤していたようです。

基板がカッコイイ

CNCを駆使して基板の形までカッコイイです。はやく自分も基板に行きたいです。

お次にホンタニ君。

変わった形のモーター配置

なんと二つ縦に並べて省スペース化。CNCがなかったら絶対やりたくないですが、なんともカッコイイ配置。

上から見るとこんな感じです。

両側にうまいことタイヤがくっつきます。なかなかいい感じの設計で、「かっこええ~!」ってずっと言ってたらホンタニ君が撮影許可してくれました。いやしかしかっこいい。

こんな感じに、「結構機構的に被るかな?」という想定をいい意味で裏切るような個性的なマシンが続々と出てきています。
いやはや、人の数だけロボットの設計があるわけですね。これだからロボット作りはやめられません。
それでは、今回はこのあたりで失礼します。