さぶー

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
NHKロボコンのQ&A受けつけが
スタートしましたよー⊂( ^ω^)⊃
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

こんばんは。おおもりです。サムイヨー

 #♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯##♯#♯##♯#♯#♯#

人類史上初の月面着陸を可能にした宇宙船、アポロ11号。

 船長の名前は

 Neil Alden Armstrong(ニール・アルデン・アームストロング)

 です。
 

 「え?アームストロング?

  アームがストロングなニール・アルデン…

 ああ、“剛腕のニール・アルデン”ね(´⌒ω⌒`)!」

 と思って和訳したら、英語の授業で過失恥死しました。

 
 なんでミドルネームついてるんですかあぁああーーアームストロングさんーーー。゜(゜^ω^゜)゜。

 「可哀想に、きみは大学受験の受験戦争にもまれて
 高校生の間に、こんな教養すら身につけることができなかったんだね(‘A`)

 まことに残念な人種だ(‘A`)」

 とか先生に言われましたけど(笑)。
 
 でもまあ、受験戦争の第一線で戦ってたんなら、
 アームストロング=アームがストロング=剛腕
 だなんて間違い、しないでせふね…(´⌒ω⌒`)

 もちろん、数ヶ月前には、わたしにだって赤紙がきて、受験戦争に駆り出されたわけですけど
 なんというか…、わたし、武器なしの丸腰でしたね。

 「大学生になったらー、アレしてコレしてー…∩´ω`∩<きゃっほー」

 という、願望的なものだけ持って戦場に行ってました(笑)。

 ミサイル相手にフォークで戦うようなもんです。
 
 
 まあ、唯一持っていた、武器らしきものを挙げるなら…、
 

 英語でしたかね(  ´ー`)

 ↑
 信憑性皆無

 
  いや、まあね、
 受験なんてピクニックです(`ω′  )!

 お弁当もって出かけるんですから(`ω′  )!

 英語でゆうたらアレです、
 テイク・イット・イージィてやつです。

 あれ?ちょっと違うかな。やっぱ英語だめだわ。

#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯##♯#♯##♯#♯#♯#

今日の活動報告~(  ´υ`)☆

①会議
…ロボコンの書類のこととか。
  暖房がわたしの方を向いていたので、快適すぎて半寝でした(笑)。

②アルミの棒に線をひいた
…今のわたしの作業なんですー(  ´υ`)
  これ急がないとアカンですー><;

③ギアボックスなるものを作った
…いろんな人に教えてもらいながらつくりました(  ´υ`)
  ロボハンズは説明上手なので、いっつも「なーるほどー。」て感じです。
  おとなりのアルバトロスさんにも教えてもらいました◎

#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯##♯#♯##♯#♯#♯#

師走がフライングダッシュでやって来た的な、
なんかもーめっちゃ寒いですけど、

ロシア人の気分をあじわいながら乗りきりませふ~(  ´υ`)

 БГДЁЖЙЛШФЭ


 ロシアもじ

 フルシチョフ、ビーフストロガノフ、
 ゴルバチョフ、シベリア、チェルノブイリ


 ロシアの気分を高める単語

 それではまた来週~(  ´υ`)♪

今日の活動~第4弾~

こんにちは。

2回生の中津です。

紅葉の時期ですね。

阪急北千里駅~大学に来るまでの間にもきれいな景色が広がっています。

紅葉
紅葉

それでは・・・

今日の活動報告~。

CADで自動ロボットの設計。なんか以前の設計に比べて大幅に変更しました。

書類製作。やばいです。

以上です。

僕の気持ちとしては、早く書類を書いてしまって、試作とかもしていきたいです。

それでは、また来週!!

Geminoid携帯

こんにちは。日をまたいでしまいましたが昨日の分ということで更新しておきます。

今回はちょっと気になる記事があったので紹介させていただきます。
Android携帯という物が最近はやっておりますが、AndroidならぬGeminoid(ジェミノイド)携帯を我らが阪大の石黒教授が開発しているようです。

http://robonable.typepad.jp/news/2010/11/09ishiguro.html

(映像の物はジェミノイド携帯じゃないですよ)
お互いの存在感をより感じながら通話ができるそうで、どうなるのかさっぱり分かりません。(詳しくは記事を参照ください。)
AppleのFacetime(俗に言うテレビ電話)でも十分のような気はしますが、新しい物、さらにはロボット物好きの私たちにとってはなかなか興味深いものとなりそうです。

書類審査の期限までもう時間がありませんが、気を引き締めて行きます!

大掃除

こんばんは、1回の江草です。

今日は部室の片付けをしてみました。

After
After

中津くんとアルバOB兼Robohan新入部員のT先輩が棚を作ってくれたのでみたこともないぐらい机がきれいになりました。

写真をみるとほんとに部室なのか疑ってしまいそうです。

没の部品

昨日とある機構を試作、一応うまく動いたけどちょっと不満があるから改良しよう→この部品4つ必要だからそのパターン作ったけどCNCの座標設定ミスで3つしか作れない→3つ作った時点でワイヤレスキーボードの電池が切れてCNCマシン操作不能→買い出しで電池が来るまでの間回路を考える。ふと思いつき3つだけつけて動かしたら設計ミスに気付きCAD書き直し→作ろうと思ったら材料ないからアルバさんから電ノコをお借りしてアルミ切断→修正版作成中。CNCがんばれ→これ書いてたら部品できた

今日の僕ははこんな感じでした。 日付変わってるけど。

試作が進んで実際の形、動いている様子が見えてくるとやる気がでてきます。早く回路を作って動かしたいと思うわけです。

全マシンのCAD作成、並行してCADで作った機構の試作、書類の作成、今年は三年間で一番いい状態で進んでいると思います。どのぐらいいい状態かというと、今年入りたかった。

昨年は思うような結果が出せず支援してくださった方々に申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、今年出場できれば必ずいい結果が出せると感じます。

いろいろ言ってはいけないことをうっかり書きそうなので今日はこの辺で

ナチョナル

( ´ー`)

 

わたしの思う、どや顔。

♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯

 こんばんはー。おおもりです( ´ー`)

 中国のスパコンの何かが世界一になったとか、

 いや、でもスパコンのすごさランク上位50位に、アメリカのスパコンは何個も入ってるんだぜ?とか、

 おいおい日本やばくね?とか。

 
 なんかねえ、英語の先生が言ってたんですけど、

 これからは、声の大きい者が勝っていくそうです。

 中国もインドも、みんな声が大きいんですって。声というか、主張かな。

 “雄弁はカネゴン、沈黙は鉄くず”、という時代になっていくんでしょうかネー。

  わたしは、強いものが勝っていくんじゃなくて、本物が生き残っていくんだと思うんですけどネ。。。

 本物をつくるには、きっと時間がかかるはずだよねー、

 時間をかけるべきときには、時間かけていいんじゃなーい?、って思います。

 “なんちゃって的なもの”で勝負するのだけは、ダメですー(´⌒ω⌒`)

 
…わかんないですけど( ´ー`)☆←ここで使うどや顔
 

 「よーし、本物になってやんよ!」 と思って、
Ⅰセメの数学で、実数の切断にはじまり、集合論の勉強とかをやってたら、
 テスト範囲まで終わらなかったわたしが言うので、説得力皆無です( ´ー`)

♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯

ロボハンでも大活躍しているCNCですが、

いまは、義歯をつくるときも、CADで設計すれば、

CNC的なやつがつくってくれる時代だそうです。

 
歯科技工士どうすんの…(´⌒ω⌒`)

授業で聞いた話なんですけど、

義歯をつくる歯科技工士さんは、「忠実に元の歯を再現するぞ!」っていうこだわりがあるから、
細部までリアルなつくりにしようとするんですね。

だから自然な歯の色に近づけようとするんだけど、

患者さんは、「できるだけ真っ白な義歯にしたーい。」、と思う方が多いそうなんです。
「おい、そこまでリアルな色した義歯望んでねーよ。」というわけです。

そうなると、せっかくの歯科技工士の技も、お蔵入りなわけで、

「じゃあ機械のつくった単一ホワイティな偽ティースつけてろよ。もう知らん。」
と、なっちゃ…うんですかね。

なんかもう、グダグダすぎて、よくわかんないですけど(笑)。

なんかね、

機械がつくったものは無機的で、野暮で、冷たい感じがする、だなんてわりと言われますけど。
近代批判ピープルに顕著なように。

わたしは、手編みのマフラーも、ロボットがつくる回転すしのごはんもすきですけどね(´⌒ω⌒`)

いや、もうほんとうに、グダグダでごめんなさい(笑)。

♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯#♯

っていうか、こんな、お喋りしてる感じの記事でいいんですかね><;?

つくづく思うんですけど、

こんな迷走しまくった記事を読んでくださる方がいてくださって、

ほんとうにありがたいです(*´д`*)<嬉
コメントあるの見たらいっつもルンルンです(*´д`*)
 

友だちと話す感じでのんびり書いてますが、

「もっとビシッとした記事書いてよ!」的なご意見があれば言ってくださいね(^ω^)◎

反映されるかは微妙ですが( ´ー`)

 

それではまた来週~∩^ω^∩

木製ギア

こんばんは、1回の江草です。

周りは書類用のCADやらを設計しているなか、西さんが「木でギア作ってみたら」と口にした木製ギアをちょっと作ってみました。

木製ギア
木製ギア

ギア比は1:2とやってはだめなギア比になっているのですが、そこはおいておいて、予想より実用的な出来栄えとなりました。見た目もいいですし。

しかも体積は取りますが質量はかなり軽いという性質ももっています。どこかで使う機会があればいいなぁ。

それでは失礼します。

部室が・・・

鬼のように寒いです。
はい、11月18日に更新し忘れたので19日の朝に書いています。

書類審査の書類をせっせと作る+試作機作る+いろいろな実験を行う
など、最近はやることに困りません。
書類は早期に他人にチェックしてもらうことで、一人で考えているときには思いつかない修正点などを取り入れていっています。
去年のように提出ギリギリで連続徹夜などにならないよう早め早めの行動で行きたいと思います。

それでは、また来週~

N(なかなか)H(本音が)K(書けない)

田中です。

応募要項が出てから1週間ですが、他大学のチームの皆様はいかがお過ごしでしょうか。

書類を読まれた方はご存知のとおりですが、形式がガラットチェンジしましたね。

超力ロボガラットって知りません?

冗談はさておき。

今回のこの書類形式の変化、NHKの姿勢の変化がはっきり表れています。

アイデアの面白さやインパクト以上に、完成度・確実性、マネジメント力等を重視するという。

前回のロボコンにおけるロボットの完成度にNHKが危機感を持ったんでしょうね。

人事じゃないですけど。

その辺りを十分考慮しつつ書類を作ることが今回のポイントでしょうか。

発表の時点で締切りまで1ヶ月無いという切羽詰ったスケジュールですが、

前回とは一味違うRobohanを書類でアピールできればと思います。