Robohanメンバーの残念なPCたち

シリーズ「新入生にお勧めPC」のおまけページということで、実際にRobohanメンバーが実際に使っている残念なPCをいくつか紹介します。

1. 安すぎるパソコン

このパソコンは回路班に所属するメンバーが使用しているパソコンでかなり低価格だそうです。しかし記憶領域が32GBしかなく、Windowsのアップデートもできない状況。現在はソフトを256GBのSDカードに入れており、それに1万円ぐらいかかるという本末転倒な状況。また数万円前半のパソコンはCPUがとても非力で、ちょっと高くても10万ぐらいのものが結果的にコストパフォーマンスに優れます。

2. タブレットPC

タブレットでもWindows搭載機はロボコンで使用できます。(その他は論外です)この二台はどちらも一人の制御班が使っているものですが、タブレットPCの多くは非力なくせに割高でUSBなどが少ないためいろいろと大変です。(特に右のタブレットは充電口とUSBが共用なので充電中のUSB使用は不可)
MicrosoftのSurfaceシリーズ(写真左側)などの一部のタブレットはCADが動かせるほどの性能がありますが、USBが少ないのは相変わらずで、わざわざ買うほどの理由はありません。

3. 重量級ゲーミングPC

ゲーミングPCはCPUもGPUも高性能で動作がとても快適なのですが、そのサイズと重量は一般のパソコンを凌駕します。Robohanメンバーが使っているのは17インチの画面で重量約3.2㎏と毎日持ってくるだけで一苦労。(写真左 右はLet’s Note)しかも所有者は制御班なので自慢の性能は宝の持ち腐れ。筋トレしたい人以外は買わないようにしましょう。

これらはすべてRobohanで実際に使われているのでもしこういうパソコンであっても大丈夫!もし不安であれば新歓イベントなどでご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です