Robohan 推奨PCスペック解説 2019年版

こんにちは!
今回は大学生活やRobohanでの活動に欠かせないアイテム、パソコンについて紹介していきたいと思います。
Robohanでロボットを制作していく過程では、設計、プログラミング、回路制作など、あらゆる場面でPCを使用します。Robohanに活動に来る際、PCを持ってこないときは無い!!といっても過言ではありません。
また、大学生活においても、レポート作成、実験、プレゼンなど様々な場面でPCを使います。
しかしいざパソコンを買おうとしても家電量販店には大きいものや小さいもの、値段の安いものや高いものまでさまざまあり、どれを買っていいかわからないっていう人も多いんじゃないでしょうか?
決して安い買い物ではないのでしっかりと見極めたいところです。
ここではパソコンの性能表の見方、下記リンクで機構班、制御・回路班それぞれにお勧めのパソコンを紹介していきたいと思います。
パソコンの性能の良し悪しの見方
パソコンの性能ってどこを見ればいいのでしょうか。ここでは阪大生協で販売されている富士通 LIFEBOOK UH シリーズを例に重要項目について各班にお勧めのスペックを紹介します。
(※推奨スペックの△△~〇〇の表示は△△を最低スペック、○○を推奨スペックとします。最低スペックは動くと思うけど快適ではないと思うので推奨スペックの購入をお勧めします。)

(画像は生協ホームページより。)
1.OS
例えるならパソコンの中の人の言語。
動かせるソフトが決まります。後から変えるのは難しいです。
①Windows
Robohan推奨のOS。機構班の設計ソフトはこれでしか動きません。これ以外のOSを搭載したPCを持つ機構班志望者には申し訳ありませんが強制的にこれをぶち込ませていただきます。
②Mac
帰れ。とは言いませんが、Robohanメンバーは皆Windowsなので誰もサポートできる気がしません。無論機構班志望の方にはWindowsを無理やりぶっこませていただきます。(制御には意外と使えるかもしれません。ですが、我々はMac向けのプログラム環境の構築はしたことがありません。本当に申し訳ない。)
③ChromeOS
お前誰。とは言いませんが、Robohanメンバーは皆(以下略)ちなみにほとんどの端末がWindowsに乗り換えられないので半ば強制的に制御・回路送りになります。
 
2.CPU
例えるならPCの中で働く人。要は頭脳。強ければ強いほど良い。
Powwwwwwweeeeeeeeerrrrrrrrr!!!!!!!
(CPUは主にIntel社とAMD社が製造していますがAMDに詳しくないのでIntel入ってるパソコンだけの説明とさせていただきます。)
IntelのCPUにはランクにより名前が付けられています。
Core i7…賢い
Core i5…まあまあ賢い
Core i3…怪しい。
~超えることのできぬ圧倒的な壁~
Celeron、Pentium、Atom…お帰りください。
ここはこだわってよりいいものを採用したものを選びましょう。強いは正義です。
※さらに詳しく知りたい人へ。
CPUの型番にはi7だのi3だの書いてある後ろに番号が振ってあります。
例;i7 8550U 、i5 8250 U
基本的にはこの番号が大きいCPUが強いです。
Robohanのおすすめは
i7 8565U
i7 8550U
i5 8265U
i5 8250U
の2つです。(なお、生協MacbookAirはi5搭載機と名乗っていますが、その性能は事実上2~3年前のi5と同列の性能です。詳しくは別記事参照。)
 
3.メモリ
ここでいうメモリとはデータを長い間保存しておくものではなく、使用するデータを一時的に入れておくためのものです。例えるなら中の人が作業する作業台の広さです。
大きければ大きいほどパソコンの性能を発揮でき、特に設計ソフトの使用などで威力を発揮します。大きいものを採用しましょう
推奨 8GB~16GB
16GB…ふはは強かろう。
8GB…まあ動く。というか余裕で動く。
4GB…よろしい。ならば増設だ。さもなくばお買い換えください。
 
4.グラフィック(GPU)
ほとんどのパソコンにはIntel HDグラフィックスと呼ばれるものが搭載されています。一応これでも十分動きます。
しかし機構班であればGPUが載っていると設計ソフトがサクサク動きますし、制御班であればNvidia社のもの(GeForceなど)限定で超高速演算することができます。基本載ってるに越したことはないのでできるだけGPUが載っているPCを探しましょう。
 
5. 記憶装置(ストレージ)
記憶装置は種類と容量の二項目で見ます。
種類はHDDとSSDがあり、推奨はSSDです。とにかくSSDを使ってくださいお願いします。読み込み速度が速いためパソコンの体感速度が圧倒的に違います。
容量は512GBぐらいあれば足りるでしょう。
 
6. USBポート
最低2個はあったほうが良いです。3個あればかなり使いやすいでしょう。
 
7. バッテリー駆動時間
長い方がよいです。(最低8時間以上)
基本的にスペック表にある時間ほどは持ちません。
 
8. 重量
2kg超えでも持ってこれないことはないですが、だんだん肩が痛くなってきます。自転車などで通学する方の場合も前かごなどにPCを入れたカバンなど置いて走行するとPCの中の回路が損傷する可能性があるため、結局肩に背負わねばなりません。できるだけ軽いものを選びましょう。
1kg~1.5kgに抑えるのが無難でしょう。
 
9.その他
Officeは大学がただで配ってるのでわざわざ入ってるやつを買う必要性はありません。そこにお金を費やすぐらいなら別のことにお金を使いましょう。
 
どうでしょう。なるべく簡潔に書いたつもりですがやっぱり難しいですよね。「意味わかんねーよク〇が」ってなった人も少なくないでしょう。ハハッ。本当に申し訳ない。これらの要件を満たすようなPCを別記事で具体的に紹介しているのでこの記事を見て今一つピンと来なかった方はもご覧ください。新歓などでも相談を受けつけているのでお気軽にお声がけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です