カテゴリー別アーカイブ: キャチロボバトルコンテスト

まちかね祭2018

さて11月ももう中旬です。上着が必要な時期になってきました。一回生の私としてはこの時期は怒涛の模試ラッシュの記憶が蘇りますね…。

閑話休題。今月初めの11月2日から4日、まちかね祭が開催されました。Robohanは今年もキャチロボに出場した機体(今年は今年度一回生が作成した機体と現3回生が昨年作成した機体を展示していました。)やライントレーサー、ビラ配りロボットなどを展示しており非常に多くの方に来場していただき大盛況となりました!

↓今年は現3回生が昨年製作した機体と↓今年1回生が製作した機体の展示をしていました

展示していたキャチロボの機体は操縦体験も行っており、子供たちから大人の方々までとても人気で行列ができるほどでした。

なお、今年も募金箱を設置した所、4332円もの募金が集まりました。

入れてくださった方々、本当にありがとうございます!<(_ _)>

さて、それでは次回EXPOCITY編の記事でお会いしましょう。EXPOCITY…?

キャチロボ2018

こんにちは。

 

初めて、記事を書かせていただきます一回生の二階堂といいます。

どうぞよろしくお願いします。

 

さて、先日9月9日、京都製作所にて第8回キャチロボバトルコンテストが開催され、大阪大学Robohanからは1回生、2回生からそれぞれ1チームずつ計2チーム出場させていただきました。

今年は部内ロボコンの延期などもあって特に一回生はキャチロボの作業期間が約一か月と非常に厳しいスケジュールとなり、夏休みを捨てて作業に没入する日々となりました。

↓作業風景

 

製作の過程で想定外のたわみが発生したり、部品が足りなくなったり、一回生内での予定が合わず8月中旬に稼働している一回生機構班が1~2人となり、回路班に至っては常時1人となるなど様々な問題が発生しましたが、制御班が機構、回路を手伝ってくれたり、3回生の先輩方が加工を手伝ってくれたりしたおかげで、なんとか試合に出れる状態までもっていくことができました。

また、制御班は機構完成から試合当日までのわずか数日の間にPID制御を完成させ、片側のアームを自動化するなど一回生としては大きな成果を生みました。

たわみ改善前

たわみ改善後

予選の結果一回生、二回生とも2点得点しましたが、他大学と比べると点数が低く本戦トーナメントに出場することは叶いませんでした。

一回生チームはエキシビジョンに出場させてもらえるという光栄をいただきましたが、それでも得点は3点。様々なトラブルや設計ミスなどにより理論上ロボットが出しうる全力を発揮できなかったことが非常に悔やまれます。

 

このロボコンを通して、我々は改めて自分たちの未熟さ、甘さを痛感することとなりました。

圧倒的な準備不足、タスク管理能力の低さ、各自の意識の甘さがここに露呈したように思われます。

反省すべき点は山積みで、この失敗を生かして今後より良いロボットを作れるよう努力したいです。

第7回キャチロボバトルコンテスト終了!!

先日9/10に第7回キャチロボバトルコンテストが開催され、私たち大阪大学Robohanからは4チームも出場させていただきました。昨年は新入生のみが出場していましたが、今年は2年生チームも出場するなど新しい試みもあり、新入生だけでなく2年生にとってもよい経験になりました。

↓作業の様子

1

複雑なルールをクリアするために夏休みのほとんどを制作に費やして頑張っていました。多発するトラブルにも上級生と一緒に取り組んで、なんとか完成までこぎつけました。

↓予選の様子です。

2

Robohan多すぎ…(笑)

さて気になる結果ですが、なんと4チーム中3チームが本戦出場!!

さらには新入生チームが2年生チームを破るという大波乱に(笑)最終的にはトーナメント2回戦敗退となりましたが大健闘することができました。

そして表彰式にて更なるサプライズが…なんと2年生チームが審査員特別賞を受賞しました!

特徴的な木製アームとハンドの形状が評価されたとのことで、皆で大喜び!かと思いきや 思いもよらぬ結果に只々呆然としていました。(記事を書きながらようやく実感しています)

↓賞状と評価されたハンド

3

しかし結果こそよかったものの、この大会を通じて自分たちの甘さを痛感させられました。

当日の機体トラブルをはじめ、事前準備の不足など反省点は山積みです。今後は次を見据えた反省会をするとともに新たなロボットの開発をしていきたいと思います。

ちなみに本戦出場を果たした機体はまちかね祭にて展示する予定です。操縦体験会も行うかも???

ABU2018ルール発表です!!

先日ABU2017が幕を閉じましたね。今年は日本での開催だったこともあり、たくさんのメンバーが現地参戦してきました!ライブストリーミング組も東大さんと東工大さんをRobohanの活動場所で応援しておりました。そして表彰の前に2018大会の新ルールが発表されました。

今回のルールは「ひもの付いたシャトルを投げて長い棒の先に取り付けられた輪っかに通す」というものです。

自分は某児童文学に登場するスポーツ、クィディッチにしか見えなくなってしまったのですが、18年度のABUロボコン開催国ベトナムの伝統的な遊びネムコンにちなんだものだそうです。

2017-08-31▲ルール動画

早速簡易なシャトルコックを作って実験しています。IMG_20170828_232236HD2

そして、キャチロボバトルコンテストまで2週間を切っています。新体制になり初めての対外試合です。無理をせず張り切っていきましょう。

キャチロボ2016

お久しぶりです。すっかり遅くなりましたが、広報の三好です。

Robohan1回生が9/11に京都製作所で行われたキャチロボバトルコンテストに参加しました。1回生にとっては初めての部外戦ということで、学ぶ所ががたくさんありました。

↓作業の様子

29499674481_5660cb0d5e_z

製作中は設計図と機体がうまく合わなかったり、メイン基盤の一部が死んでいたりとたくさんのトラブルがありましたが、二回生以上の方々も夜遅くまで根気強く手伝っていただいて何とか試合までにロボットが完成しました

↓試合の様子

29516164842_71b35db6dc_c

結果は3チーム中2チームが決勝トーナメントに進出しましたが、トーナメント1回戦敗退となりました。しかしロボットが動かないチームが多い中、皆さんよく頑張りましたね。

試合会場当日の不具合、輸送による損傷など、1回生は初めての対外戦を体で感じました。他校の機体も見れて、自分達には無かった発想もありました。それらを吸収して来年のNHKロボコンにも生かしていきましょう。

ちなみにこの機体はまちかね祭で展示予定のものです。うまくいくと触れるかも!!

次回の更新は10/2に京都大学で行われた合同ロボコンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャチロボバトルコンテスト、合同ロボコン(ライントレース)を終えて

こんにちは。

今週は、9/13(日)にキャチロボバトルコンテスト、9/17(木)に合同ロボコン(ライントレース)が行われました。

21341158669_bd6ceb2f28_z (2)

21377608612_378e7cf506_z

キャチロボの方は、かなりレベルの高い大会となっていて、思うような結果を残せませんでしたが、他大学の上回生や経験豊富なチームがどのような機構を採用しているのか、といった勉強になりました。また、大会を通して、「本番で機体の性能を引き出すために必要な試行錯誤の回数」の目安を知ることが出来ました。

20907682913_9b1baaf10e_z

21341891249_aaa9d7af36_z
合同ロボコンでは、製作期間が短い中で各自ユニークな機体を作り上げました。4足歩行や6足歩行でライントレースにチャレンジするメンバーも。今年のNHK学生ロボコンではライントレースがほぼ必須になるため、滑らかに高速でライントレースできる技術についてはこれから更に追究する必要がありそうです。

次の大会はいよいよNHK学生ロボコンですね!
これまでに学んだことをしっかりと生かしてロボット制作に励んでいきます!

キャチロボと合同ロボコンに向けて

こんにちは。
1週間空いてしまいました。

Robohanの試験休みも終わり、キャチロボや合同ロボコンの機体制作が始まっています。
実は2大会共に準備期間が1ヶ月あまりしかなく、かなりハードなスケジュールになりそうです。

他にも、8月中には「羽ばたき飛行機制作ワークショップ」や「キッズラボ訪問」などイベントが目白押しです!
頑張ります(*´Д`)

今後の大会と新入生の活動

みなさま、はじめまして。
新入生の原田です。

上回生の先輩方、遅ればせながら、6月7日のNHK学生ロボコンお疲れ様でした。
興奮も冷めやらぬうちに、早くも次の大会(9月13日(日)のキャチロボバトルコンテスト9月17日(木)の合同ロボコン)に向けた準備が始まっています。
▼会議風景
s_P1000543
▼新入生勉強会の様子
CJIAThvUkAALddx

キャチロボバトルコンテストは経験豊富な強敵が多数参戦するようですが、ルールが昨年度までと大きく変わっおり、ユニークなロボットを作って素晴らしい結果を残せるよう頑張って行きたいですね!

 

ところで、去る6月21日に新入生対抗の部内ロボコンが開催されました。
▼部内ロボコンの様子
CIAO4EtUYAAJYxT

CIAc5GeUsAAMPCQ

時間に余裕がなく、どのチームも前日からの追い込み(笑)凄かったですね!

今後は、なるべく時間に余裕が持てるようしっかり計画をたてて活動していきましょう。

キャチロボバトルコンテスト2013

昨9月7日、立命館大学草津キャンパスにてキャチロボバトルコンテスト2013が開催されました

 

この大会について少し説明させていただきますと、1m四方ほどの箱に敷き詰められた課題物を傷つけることなく掴み、所定の位置にいくつ収められるかを競うというロボットコンテストです

何を課題物とするかは年によって変わりますが、今年度の大会はポッキーが課題物となりました

今年度、我々Robohanは2回生チームと新入生チームの2チーム出場させていただいたのですが両チームともにギリギリのスケジュール、調整不足が祟り、結果は1勝止まりと遺憾な結果に終わってしまいました

順位自体は悪かったのですが、2回生チームの方は一度掴んだポッキーをそのまま箱に入れるのではなく、一度別の場所に移動させてから箱に移動させるという戦法について評価を頂き、審査員特別賞という身に余る光栄を頂きました

 

とは言え、上述の通り製作スケジュールの遅れ、練習不足等反省すべき点は山ほどありますので、これらを真摯に受けとめて、NHKの大会に生かしていきたいと思います

最後に大会の写真を何枚か

(左)2回生チームの機体 (右)新入生チームと機体