カテゴリー別アーカイブ: 紹介

今後の大会と新入生の活動

みなさま、はじめまして。
新入生の原田です。

上回生の先輩方、遅ればせながら、6月7日のNHK学生ロボコンお疲れ様でした。
興奮も冷めやらぬうちに、早くも次の大会(9月13日(日)のキャチロボバトルコンテスト9月17日(木)の合同ロボコン)に向けた準備が始まっています。
▼会議風景
s_P1000543
▼新入生勉強会の様子
CJIAThvUkAALddx

キャチロボバトルコンテストは経験豊富な強敵が多数参戦するようですが、ルールが昨年度までと大きく変わっおり、ユニークなロボットを作って素晴らしい結果を残せるよう頑張って行きたいですね!

 

ところで、去る6月21日に新入生対抗の部内ロボコンが開催されました。
▼部内ロボコンの様子
CIAO4EtUYAAJYxT

CIAc5GeUsAAMPCQ

時間に余裕がなく、どのチームも前日からの追い込み(笑)凄かったですね!

今後は、なるべく時間に余裕が持てるようしっかり計画をたてて活動していきましょう。

ロボット発送しました!

久々の投稿になります、田中です。

タイトルの通り、NHK学生ロボコンのロボットを今日発送しました!

ここまで涙なしには語れないたくさんの試行錯誤と練習をしてきました。それとは逆比例してブログの更新回数が減ってしまって、Robohanの活躍を楽しみにしていただいている皆様にはご心配をおかけしたかと思うのですが、

ブログでは紹介できなかった分、大会でロボットをお見せできるよう、メンバー一同全力を尽くしますので、応援よろしくお願いします!

 

それと、大阪大学放送研究会さんが、われわれの「ロボ魂!」を伝える熱い動画を作ってくださいましたので、ここで紹介します!(ロボットもたくさん写ってます☆)

Robohan~ハンパなことはしたくない~

リーダー「狙うは優勝、ハンパなことはしたくない!」

早くも再生回数1000回を超えました。皆様もぜひご覧ください。

 

Robohanの気になるQ&A

こんにちは。Robohanの田中です。

新歓イベントも近づいてきたので、今日はQ&A形式でRobohanの紹介をしたいと思います。ロボットやモノづくりに興味はあるけど、ちょっと・・・という人はぜひ参考にしてみてください。そのほか質問などあれば気軽にinfo@robohan.netへメールを送ってください!お待ちしています。

  • Q. Robohanのメンバーって何人くらいいるんですか。
    A. 登録人数は20人程度ですが、日ごろは5~10人くらいで活動しています。
  • Q. 活動日数等結構厳しいイメージがあるのですが?
    A. Robohanに決まった活動日はありません。金曜日には全員参加のミーティングをしていますが、そのほかの日は週に3日くらいの活動頻度で、個人の都合に合わせて活動できます。日々の活動時間は放課後の19:30くらいまでです。
  • Q. ロボット製作ってむずかしいですよね。興味はありますが自分ができると思えません。
    A. 心配無用です。意外かもしれませんがRobohanメンバーの半分以上は大学からロボットを始めています。勉強会も開くので、完全な初心者でも入部から半年でロボットを作れるようになります!
  • Q. 部費はいくらですか。
    A. 新入生は9月までを体験入部としているので、それまで部費は必要ありません!それ以降は月1000円です。
  • Q. 日々の活動内容を教えてください。
    A. 役割にもよりますが、アルミ材を加工してロボットの試作品を作ったり、パソコンを使ってロボットの設計やプログラミングをしたり、ロボットに載せるための基板を作成したりしています。
  • Q. 活動場所はどこですか?
    A. ホームページに地図を掲載しています。
     また、土日や長期休暇の間は創造工学センターという大きな施設に移動して活動しています。
  • Q. 学部が工学系ではないのですが・・・
    A. Robohanには文系学部のメンバーも在籍しています。ロボットやものづくりに興味のある人なら、学部、学年、性別問わず大歓迎です!
  • Q. とりあえず見学にだけ行きたいのですが。
    A. 大歓迎です。info@robohan.netに名前を書いてメールを送ってください。場所や時間などお伝えします。
  • Q.  新歓イベントの参加はまだ間に合いますか?
    A.  はい、前日(4月10日)まで受け付けています!まだまだ参加者募集中なので、メールで連絡してください。 

 

 

 

2015年度の新入生に向けて(その3)

ようやく春の暖かさも近づいてきましたね!姜です。

今回は電装・制御部門の紹介をしますね。興味のある方はぜひ見てください。

 

 

~電装・制御部門~

電装班でやっている内容をざっくりまとめると、

・回路を作り(はんだ付けをして)

・プログラムを書き

・ロボットの動きを決める!

といった感じです。

これについては昨年度のNHK大学ロボコンを見てもらえればわかるかと。

各大学がPlaystation2などのコントローラを使ってロボットを操作している姿がご覧いただけると思います。

ロボットに乗っかっているケーブルまみれの板みたいなものこそが、「基板」とよばれるものです。

まあ簡単に言えば、ロボットの脳みそみたいなものです。んで、ケーブルが神経と。

ああいったものを組み上げて、プログラム(命令)を書き込む。これこそが電装班の仕事の一つなんです。

ですから、電装技術が上達すれば、身の回りのゲーム機などを使って思いのままにラジコンを動かす、なんてこともできるようになるわけです。

 

 

回路作りについては、前もって「ロボットにこんな形(通信など)で命令を送りたい!」、「モーターを動かしたい!」といった用途に合わせて、EAGLEなどの回路製作ソフトで電子回路の仕組みや配置を決めます。

その後実際に部品をはんだ付けして基板の出来上がりッ!

 

プログラムはC言語などのプログラミング言語を使って、マイコンと呼ばれる小さなコンピュータのようなものに命令を書き込みます。

「せっかく作ったロボットにこんな動きをさせたい!」「センサーから送られる反応を受けてこんな動作をさせてみたい!」といったものはここのプログラムで決まるわけです。

①予めロボットの作りや動作を話し合う→②「機構班」がニーズに合わせたロボットの設計&製作をする→③「電装班」が実際の動作プログラムをロボットに組み込む→④ロボットが思い通りに動く!

というのがロボット作りの流れになります^^

 

「何これ?え?できるん?」と思うかもしれません。しかしできるんです!

Robohanに来てくれた新入生は、プログラムの書き方や回路のはんだ付けなどの講習を受けることが可能です。

学部によってはC言語を大学の講義で学んだり学ばなかったりしますが、プログラミングは(優しい先輩から)教えてもらえますので初心者でも安心です。

なんといってもロボットに命を吹き込む部門なわけですから、自分が考えた通りにロボットが動いたときの感動は計り知れません!

自分の意のままにロボットが動くってわくわくしませんか?しますよね!してください

そういったわくわくと情熱を持った電装人員をRobohanではお待ちしています!

そうそう。新入生向けの部内ロボコンでは秘伝の制御技術を学べるかも…興味があればぜひ部室に来てね!

Robohan推奨PCについて

こんにちは、田中です。

春はパソコンがほしくなる季節ですよね(?)

新入生の皆さんの中でも、大学入学に合わせてパソコンの購入を考えている人が多いかと思います。

最近は5万円くらいでも、ストレスなく日常使用できるパソコンが買えますよね~。ということで迷わずお安いパソコンを購入しましょう!!

・・・といいたいところなのですが、「パソコンはそこそこいい物を買っておいた方がよい」と思います。大学生活は4年(修士を入れれば6年)続くので、どうせ買うなら、その間ずっと安心して使えるものがいいですよね。

では「いいパソコン」とは何なのか?Robohan基準で考えると、壊れにくくて、処理能力の高いパソコンのことです。Robohanでは、設計にしろ、プログラミングにしろ、パソコンを使うので、毎日のようにノートPCを持ち歩くことになります。つまりは頑丈であることが最重要ポイントとなります(笑)

ロボハンではLet’s note(Panasonic)とThinkPad(lenove)が二大勢力となっていますが、

パソコンについて詳しくないし、何を買えばいいか分からない(T_T)

という人は、生協パソコン(Let’s note)を買いましょう。一見高額ですが、阪大の生協パソコンはサービスもしっかりしていて、コストパフォーマンスもばっちりです(笑)!

 

ということで、そのあたりも考えて、春のパソコン選び楽しんでください!

 

 

 

 

 

Robohan新入生待ってます!

こんにちは、Robohanの田中です(実は初の投稿)。

 

大阪大学に合格された皆さん、おめでとうございます!

本当におめでとうございます(*´▽`*)!!

 

今年は吹田キャンパスで合格者の掲示もあったようですね。

僕は去年電車の中でブラウザの更新ボタンを連打して確認しましたが、実際に大学で喜びの瞬間を味わうのもまた感動ものだったと思います。

 

さて、Robohanでは現在、4月に迫るNHK大学ロボコンの第二次ビデオ審査に向けて、毎日試行錯誤を繰り返しています。

「ここはプログラムで解決できる問題だ!」「いやいや、機構面で根本的に解決すべきだ!」

と昨日も熱い論議が交わされていました。ロボット製作はハードとソフトの歩み寄りが大切なので、こういう話し合いはどんどんしていくべきですね~。

 

★ここで新入生諸君に関係あるお話を少し・・・

ロボット製作の息抜きに合間に来年度の新入生のための話し合いが進んでいます。

一つは新歓BBQ!!詳細は未定ですが、日時が決まったら、このブログでもお知らせします。

もう一つは、新入生がロボットについて、実際に作って学べるように部内ロボコンをしよう!というお話です。

部員が多く集まって、楽しいロボコンが開催できるよう、宣伝&勧誘頑張りたいと思います。

 

このブログを見てくれている君も、入学したら友達にRobohanを紹介してあげよう!

 

そろそろ阪大ボックス(資料がいろいろ入った白地に青の箱)が届いたころでしょうか?新入生の皆さんは、引っ越しや履修登録など頑張ってください^^

ロボハンについてもっと知りたいっ!質問があります!って人は、info@robohan.netに気軽にメールしてください。 ではまた。

 

 

2015年度の新入生に向けて(その2)

こんにちは。姜です!

今回も前回に引き続き新年度入部希望者に向けて、紹介ブログとさせていただきます。

今回は各部門の役割について写真を交えながらご紹介します。いざっ!

 

~機構設計・加工~

この部門では、ロボットの機体そのものを用途に応じて設計し、部材を加工・組み合わせて全体像を作ります。

一見大雑把に組み合わさって見えるロボットですが、各パーツの加工については1mmの誤差も許されないような繊細な技術で成り立っています。

また機体についても、テーマに合わせて寸法、ボルト穴、ギヤの選定など一から設計し、パーツを組み合わせてアセンブリを作る必要があります。

図面・設計用のソフトであるCAD(Autodesk Inventorとか)の使い方、部材の加工などは、入部して一通り教わることができます。

しかしながら、テーマに沿ったロボットを一から作り出すには、かなりの経験や発想力が必要です。

ですがそれらの経験を積めたとき、自身の思い通りに動くようなユニークなロボットを作れることでしょう。

加工には、アルミ管を切断するバンドソー、穴を掘削するボール盤、自動(もしくは手動)で部品を切削するフライス盤などを使います。

 

(上の列は左からバンドソー、ボール盤、フライス盤。画像は http://jp.misumi-ec.com/ MiSUMi-VONA様より引用しました)

(下の列は昨年のNHK大学ロボコンに出場したRobohanの機体です!)

 

大学ロボコンの数多くのロボットは全て、機構班の人たちの発想力とトライ&エラーの成果によるものです。

これを見ている新入生のみなさんも、その柔軟な創造力を活かしてロボットを作ってみませんか?

どんなに奇抜なアイデアでも現実に具現化することができるのがこの「機構」班です!

繊細な技術と豪快なアイデアを併せ持つ機構部門。ぜひ一度足をお運びください!待ってます^^

 

次回は電装・制御部門についてお話しします。では失礼いたします。

2015年度の新入生に向けて(その1)

こんにちは!姜と申します。

年が明けてもう間もなく1か月が経とうとしていますが、皆様元気でいらっしゃいますでしょうか。

2015年度に大阪大学に入学(予定)の新1年生だったり、在学中の学部生の皆様の中で

Robohanに興味がある!といった方向けに、紹介ブログを書こうと思います。

今回はRobohanの目的や活動場所をピックアップして紹介しますね。

~目的、年間の流れ~

Robohanでは、毎年夏に開催されるNHK大学ロボコンひいてはABUロボコン出場に向けて、

機構、制御、回路作成といった部門に分かれてロボットの製作に取り組んでいます。

また、新入生は9月に開催される「キャチロボバトルコンテスト」という大会に出場すべく、

新入生チームのみの力で機体を完成することとなります。

キャチロボを通じてロボット製作のノウハウを学び、上回生とともに次年度のNHK大学ロボコン機体を作ります。

様々な大会を通じてロボット製作の楽しさ、電装や加工といった専門知識の習得に繋げることができれば幸いです。

~活動場所~

活動場所なのですが、大阪大学吹田CP内にあるバス停から徒歩2分、

生協食堂ファミールに続く小道を挟む形で工学部E6棟と隣接したところに部室を構えています。

詳細についてはこちらをご覧ください。

また、フライス盤、旋盤などの工作機械を使用する際にはCP内の工場を、

週一回の会議やロボットの試運転、多人数での加工を行う際には創造工学センターという施設を使います。

普段は部室で活動し、金土日や長期休みはセンターで活動というのが毎週の流れとなります。

 

次回は各部門の役割や内容についてもご報告しようと思います。では失礼いたします。

 

「まちのラジオ」大阪大学社学連携事業番組に出演しました

 

大阪大学社学連携事業番組「まちのラジオ」に出演しました。

この番組は箕面市民に大学の取り組みなどを紹介する番組で、

今までに大阪大学の様々な研究者や団体が出演しています。

 http://21c-kaitokudo.osaka-u.ac.jp/minohfm816_radio

今年度のロボコンの話とか来年のロボコンのルールについてとか話しました。

私達が出演した回は来週の木曜日、10月9日の15:00/21:00、12日の13:00に放送予定です。

ネット配信も行っていた、ここから聞くことが出来ます。
タッキー816みのおエフエムオンエアー

是非、お聞きください

 

追記 ゆずるくん(箕面のゆるキャラ)が可愛かった

【新入生向け】まともに(紹介を)始めなさいよ!

1回の鈴木です。

というわけでまともな案内をしたいと思います。

4月6日(土曜日)に行われる新入生向けのサークルオリエンテーション、要はサークルの集まって宣伝する場なんですが、これに我々Robohanも参加しております。

部屋は共通教育棟A棟203号室にてロボットを展示しています。

そしてもう一つ、銀杏祭にも参加する予定です。こちらは共通教育棟A棟214にて展示します。

入りたいけど迷っている方、直接質問できるので是非いらしてください。そうでなくても、ちょっとでも興味があるなら覗きに来ていただけると嬉しいです。きっとロボットを作ることの魅力に取り憑かれて入りたくなるでしょうから。

他にも生協のサークル紹介冊子に載せていただいたり、チラシを配る予定ですが、ここを見ていただけてるなら関係ないですよね。

質問に関してはメールだけでなく@robohan_にリプライを送ってくれても構いませんよ、つぶやきは少ないですがリプライはメールとして届くようになってますのでお気軽にどうぞ

それとFacebookのページもありますのでこちらも

近況としては二次審査に向けて忙しくしております。ロボットのアレを設計したり。って前のと同じですね、ほとんど
あと、新年度が近いのでチラシを作ったり、サークルオリエンテーションの書類を作ったりとかしております。
ではでは~