Easier said than done.

どーも!Robohanの、季節の変わり目に対応できずに鼻水が止まらなくなる広報担当、A太郎です。
もうロボコンから一週間なんですねー。
僕にとって人生初の生大学ロボコンだったわけですが、、やっぱりこの目で見ると、直に肌で感じると、内側に燃えるものがありますね。ええ。
うずうずしますね。うずうず。
Robohanの試合時はもちろんそうなんですけど、他大学のマシンなんかを見ててももうね、興奮ですよね。
エクスタシーを感じずにはいられないようなね。むしろロボコンがXTCですよ。ロボコンをおかずにゴハン何杯でもいけます!みたいなね。まじで
ここまでくるとマシンにすりすりしたいですよね。いや、しませんけどね。よっぽど寝不足じゃないとしませんたぶん。
>>>>>>>>>>
さて一旦NHK大学ロボコンが終わり、これから新入部生は、合同ロボコン、部内ロボコンに向けて頑張っていこうという感じです。
僕もまだまだ勉強することばかりですが、Robohanに入った頃に比べるとロボットに関する理解も深まって来たんじゃないかと思います。ちょっとずつですが。ええ
昔なんて、フィールド上の白線がロボットのためのものとも知らず、自動ロボットがどうやって動いてるのかわかりませんでした。
そして、先輩方の話を聞いてると、本当に良い時に入部したなぁということもしみじみと感じるんですね。サイコロパニック(?)なんてこともないわけですから。
こんな公の場に書くべきことではないですが、ロボコンを経て、先輩方への感謝も強く感じています。
せっかく恵まれた環境にいるので、吸収できることはしっかり吸収していこうと思います。
>>>>>>>
「ロボコンに優勝したいです」と入部時に宣言した僕ですが、どこの大学にもそういう一回生がいて、そういう上回生がいると思うんです。口に出さずとも皆そう思ってます。
つまり、ロボコンに出場してくるチームはどこも勝ちに来てるんですよね。
まだ何もできないくせに と言わないでください。今だからです。抱負です。
これからもそういう各チームと戦っていけるような、そして勝っていけるようなRobohanにしていきたいと思います。負けませんよ。負けません
理想ばかり見過ぎて足元をすくわれないようコツコツと地道に頑張りましょう。
それではまた来週

「Easier said than done.」への2件のフィードバック

  1. コメント拝見させていただきました。
    心強いお言葉、非常に感激しています!
    この心意気で次回こそは、と期待しています(*^_^*)
    ファイト☆

  2. もえさん、応援ありがとうございます。
    Robohanは部員だけで闘ってるんじゃないというのは凄く感じますし、
    支えとなる周りの声にも応えていけるよう頑張りたいと思います。
    引き続きRobohanを御覧ください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です