2015年度の新入生に向けて(その1)

こんにちは!姜と申します。
年が明けてもう間もなく1か月が経とうとしていますが、皆様元気でいらっしゃいますでしょうか。
2015年度に大阪大学に入学(予定)の新1年生だったり、在学中の学部生の皆様の中で
Robohanに興味がある!といった方向けに、紹介ブログを書こうと思います。
今回はRobohanの目的や活動場所をピックアップして紹介しますね。
~目的、年間の流れ~
Robohanでは、毎年夏に開催されるNHK大学ロボコンひいてはABUロボコン出場に向けて、
機構、制御、回路作成といった部門に分かれてロボットの製作に取り組んでいます。
また、新入生は9月に開催される「キャチロボバトルコンテスト」という大会に出場すべく、
新入生チームのみの力で機体を完成することとなります。
キャチロボを通じてロボット製作のノウハウを学び、上回生とともに次年度のNHK大学ロボコン機体を作ります。
様々な大会を通じてロボット製作の楽しさ、電装や加工といった専門知識の習得に繋げることができれば幸いです。
~活動場所~
活動場所なのですが、大阪大学吹田CP内にあるバス停から徒歩2分、
生協食堂ファミールに続く小道を挟む形で工学部E6棟と隣接したところに部室を構えています。
詳細についてはこちらをご覧ください。
また、フライス盤、旋盤などの工作機械を使用する際にはCP内の工場を、
週一回の会議やロボットの試運転、多人数での加工を行う際には創造工学センターという施設を使います。
普段は部室で活動し、金土日や長期休みはセンターで活動というのが毎週の流れとなります。
 
次回は各部門の役割や内容についてもご報告しようと思います。では失礼いたします。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です