関西春ロボコン2018(運営編)

皆さん初めまして!
関西春ロボコンにてMCをやらせて頂きました「「「にゎーん」」」こと丹羽です!
さてさて、先日も関西春ロボコンに関しての記事を出しましたが、今回は運営目線で感じたことを書いていきたいと思います.。o○関西春ロボコンの中で大阪大学Robohanは広報・会場関係の仕事を行いました。
本年が初開催!となる関西春ロボコン、Twitter(@kansai_robocon)などを用い積極的な広報を心がけました!
大会当日、出場チームは3チームしかなかったですが、総当たり戦で実況していてドキドキハラハラさせてもらえる試合もあり楽しかったです(((o(*゚▽゚*)o)))
また、30名ほどの一般観戦の方々に来ていただきとてもありがたかったです!そして、交流会では高専など普段交流することの少ない方々と技術交流も行えてよかったです!
当日は大きな混乱・事故もなく無事に開催できました。最後になりましたが、ご協力頂いた皆様方、本当にありがとうございました。また、今年の運営での経験を活かして次年度以降の運営に生かしていきたいと思います.。o○

(当日の審判団の打ち合わせの様子)

参考:関西春ロボコンHP関西春ロボコン大会ストリーミング

Robohan新入生募集!!&活動紹介その1(機構班)

ちょっと遅れましたが、大阪大学に合格された皆さんおめでとうございます!!
ちょうど今桜が満開でお花見の季節ですが、皆さんは入学前の準備で色々とお忙しいと思いますが、頑張ってください。
さて、今回からロボットに興味がある新入生の方(もちろん新入生じゃない方でも!!) にRobohanで具体的に何をしてるかをご紹介します。
早速、一回目の今回は機構班について紹介します。
機構班はロボット本体の作成をします。
具体的には設計加工組み立ての3種類の作業を行います。
Robohanでは、パソコンでautodeskの3D CADを用いて設計します。3D CADはRobohanの現環境ではWindowsかつそこそこのスペックのパソコンを要求します。(推奨PCについて->こちら)
↓設計の様子
そして、次にCADで設計したデータを基に部品の加工です。
加工は主に創造工学センターの工作室を利用させてもらっており、ボール盤や帯鋸盤などの工作機械はもちろん、レーザーカッ
ターや3Dプリンターといったものも用いています。
↓加工の様子

最後に加工された部品を組み立ててロボット本体の完成です。
今まで触れたことがない工具や機械を使いこなし、実際に自分が設計した部品を自分の手で形にし、組立て機体を作り上げます。ロボットが自分の構想通りの動作をした時には「やったー!!」という喜びや達成感を得られます。
未経験の私も一年経った今では一通りの作業をこなせるようになりましたし、未経験者の方でもまったく心配いりません!
以上機構班についてのご紹介でした。
次回、二回目は回路班のご紹介をします。
最後までお読みいただきありがとうございました。
次回もよろしくお願いします。

関西春ロボコン

こんにちは。
広報担当の杉本です。
 
3月13日に大阪大学創造工学センターで関西春ロボコンが開催されました。 この大会は一年生の実力をつける目的で今年から始まりました。
初回である今年は京都工芸繊維大学ForteFibre、同志社大学ロボット研究会と大阪大学Robohanの三団体主催で行いました。
「輪投げ」ロボットの足回りの移動と輪投げの精度を競う競技で、見ていてわかりやすく面白かったです。
 
最後は大接戦でした┣¨キ(*゚д゚*)┣¨キ
競技者の皆さんもエキサイトしていて、会場の観戦者や応援の人達もすごく盛り上がっていたので、大会は大成功でした。
皆さんお疲れ様でした\(*T▽T*)/

結果は大阪大学Robohanが準備段階で数々のトラブルに見舞われたにも関わらず、まさかの優勝でした!
僕も裏方として設備の配置や片付けをさせて頂きましたが、楽しかったです。
来年も是非開催したいです。
参考;関西春ロボコンHP