ROBOHAN紹介2回目!(ソフト班について)

3月も終盤となり、新入生の皆さんはこれから始まるキャンパスライフに胸を躍らせている頃でしょうか?
今回は前回の機構班の紹介につづいて、ソフト班について紹介します!
ソフト班の活動は主に回路分野と制御分野に分けられます。
回路分野は
機構班が作ったロボットの機体を動かすための
基板配線を担当しています!
基板はパソコンを使って設計・製造します。
下の写真のようなソフトを使って基板を設計してます。
製造した基板への部品のハンダ付けも担当しています。回路

制御分野は
ロボットを思い通りに動かすためのプログラムを書きます!
プログラムはC言語などのプログラミング言語を使って、マイコンと呼ばれる小さなコンピュータのようなものに命令を書き込みます。
↑プログラムのようす
「難しそう…」「こんなのやったことない…」
と思ったかもしれません。でも心配ありません!
Robohanに入る新入生はほとんどが最初は未経験の初心者なんです!!
Robohanに来てくれた新入生には毎年、先輩が回路やプログラミングの基礎を丁寧にわかりやすく教えています!
(学部によっては授業の先取りにもなります!)
少しでも興味を持ってくれた方はぜひ気軽に新歓に足を運んでください!

Robohanってなにしてるの?~機構編~

さて。Robohanは2つの班に分かれています。
機構班とソフト班です。
今回は機構班について紹介していきます。
機構班が作るものそれはロボット本体です。
ロボットの設計、加工、組み立ての3つの作業を行います。
①CADソフトと呼ばれる設計ソフトを使って機体を設計。

②様々な加工機械を使って素材を加工。
③それらを組み立て。

という3つの工程を経てロボットを作り出します。
作り出されたロボットが動き出したときの喜びは
三三三卍(・ω・)卍ウォォォォォッッッッッッッ
と走り出しそうになるほどです。
そのため、ものを自分の手で作ってみたい!という人には是非お勧めです。
よく、「自分不器用だから機構班無理そう…(´・ω・`)ショボーン」となっている人がいます。
安心してください。私は機構班ですが、手先の器用さに関しては二回生最弱です。

たとえ手先が不器用でも長さの測定などの細かい作業は機械が正確に測ってくれますし、何より繰り返しやっていれば慣れて精度も上がっていきます。

楽しそうと思ったらぜひとも機構班に来てください。
次回は作り出されたロボットを実際に動かすソフト班について解説していきます。
それでは。また次回。お楽しみに。

Robohan新入生募集!…でもRobohanって何してるの?

さて…。阪大合格発表から2週間が経過しました。
大阪大学に合格された皆さんおめでとうございます!!
ちょうど皆さんは入学前の準備で色々と慌ただしい時期でしょう。提出せねばならない書類も多くウギャーとなっている人も少なくないでしょう。(私もそうでした。)
さて、新入生の皆さんの中で「サークルどこに入ろうか…。」などと悩んでいる人も少なくないでしょう。
そんなあなたにRobohan!!

RobohanはNHK学生ロボコン優勝を目指して活動している団体です。
皆でわいわいロボットを作っています。
Robohanはこんな方にお勧めです。

「とりあえず何かモノを作りたい。」
>モノなら作り放題です。え?不器用だから無理かも?
…大丈夫。私もです。

「せっかく大学に入ったんだから何か変わったことをしたい。」
>これほど変わったことを本気でしているサークルはそうそうありません。

「ロボットアニメが好き。」
「動物とか虫が好き。」
「本読むのが好き。」
>身の回りで見たものが自分が作るモノのヒントになるときが結構あり、そうしたものを作った時の面白さは筆舌にしがたいものがあります。

「サークルも入りたいけど勉強が…。」
>Robohanは当然勉強を優先しています。定期試験のときは無論休みです。なお、分からなければ先輩が教えてくれます。

「( ˘ω˘)スヤァ…」
>( ˘ω˘)スヤァ…

次回からはRobohanで具体的に何をしているかをご紹介します。
第一回は機構班編をお送りします。(・ω・)ノ
間もなく更新予定ですので、どうぞお楽しみに。