「NHKロボコン」カテゴリーアーカイブ

NHK学生ロボコン2019を振り返る3/4(回路編)

おはようございます。NHKロボコン2019でRobohanの回路長を務めさせていただいたものです。

今年度の回路の振り返り記事ということで毒薬にもならないひとりごとを漏らしていきますがお暇な方は耳を傾けていただければと思います。

まずは「回路ってなぁに?」という方に軽く説明をさせていただきます。

ロボットといえば猫型ロボットや宇宙で戦うロボットを思い浮かべる方がいるかもしれませんが、ロボットは自動にしても手動にしても共通するのは”そう動くようにプログラミングされている”ということです。しかしコンピューターがプログラム通りに動きを演算するだけではロボットは動きません。そこで必要となるのが回路、すなわち基板なわけです。

ロボットの動き(どのモーターをどれくらい回すか,各種センサーの情報からロボットは今何処にいるのか)などを計算する、脳の働きをするメインマイコンが乗ったメイン基板…(1)はもちろんのこと、それと通信しモーターを回すモータードライバ基板…(2)、各種センサー用の基板…(3)などなど…。

これらを作るのが回路班の役目。しかし基板というものの特性上、一度汎用性の高いものを作ってしまえばほとんど新しいものを作らなくて済むのです。そして幸か不幸かこの(1)~(3)は全てだいたい動くものが既に作られていました(気になる方は去年の記事を参照)。

じゃあ何もすることないじゃんとなるところですが、それでは面白くありません。それに”動く”というだけでまだまだ改良の余地はあったのです。というわけで、こいつらをアップグレードしよう、この可愛らしいキャラクターの描かれた基板(去年の記事参照)を機体からひっぺがしてやろうというのが今年の目標となったわけです。

で、実際どうなったかと言いますと大体冬ぐらいまで、各基板のマイコンを↑の先輩によって導入された新しい、スペックの高いものに載せ替える作業をしていました。

先輩の技術も上手く引き継げて基板も良くなりハッピーなわけですが、それだけというのも物足りません。そこで春頃、その先輩も匙を投げていた通信の高速化に挑戦してみました。すると運良く上手くいってくれてぎりぎりでしたが実装完了、基板達の動作は目に見えて速くなってくれました。

結果、去年と同じく本番では基板達は不具合なく動いた上、去年よりもいい動きを見せてくれました。ですので今年の回路はおおよそ上手くいったと言えるかと思います。

図1. 新作モータードライバ

しかし、反省点もあります。

一つは基板が(去年の記事参照)のとおり一式作り替えられたため新たに量産する必要があり、試作のロボットを大量に作った段階でそれを動かす基板が不足がちになってしまったことです。

もう一つ、新しく作った基板達ですがデバックが甘かったこともあり機体に乗せてからバグが判明そして修正、なんてこともありました。

来年はもっと余裕を持った開発をすべきだと痛感させられました。

さてでは私はこの辺で筆を置き、一年生達の指導に戻ることとします。この話の続きはきっと優秀な後輩たちが描いてくれることでしょう。ここまでお付き合いありがとうございました。そして先生方、応援支援してくださった皆様には本当に感謝いたします。この先もRobohanは成長してまいりますので何卒ご協力お願いします。

NHK学生ロボコン2019を振り返る2/4(制御編)

こんにちは。
NHK学生ロボコン2019の制御長をつとめていた平尾です。(現在では元制御長ですね。)
Robohanにおけるロボットのプログラムの作成を統括していす。今回はNHK学生ロボコン2019の振り返りを行っていきたいと思います。
今回のルールにおいては重要となったのがロボットの位置をロボットにどのようにして認識させるかでした。
NHK学生ロボコン2019においては二台のロボットの製作を要求さ
れ、そのうちの一台は自動操縦で目標地点まで障害物を突破しつつ移動していく必要がありました。歩行ロボットの位置をセンサーで読み取ることはRobohanにとって初めてのことであり、従来とは全く別の方法を使う必要がありました。
我々Robohanはこの問題を対象物との距離を測ることができる特殊なカメラを使って解決しようとしましたが、開発が難航し、結局打ち切りとなりました。代替案としてジャイロセンサーや加速度センサーを使って位置を読み取ることにしましたが、それも本番においてコースが想定と違ったことに対応できませんでした。
また、車輪で移動するもう一台のロボットについても、当初は自動で動かす予定でしたが、動作が不安定となり、結局手動で動かすことになりました。
どうしてこうなってしまったのか。原因として以下のようなことが考えられます。
・カメラをもちいた制御にぎりぎりまでこだわり続け、ジャイロなどを使った制御プログラムを完璧なものにすることができなかった。
・開発メンバー自体が圧倒的に人数不足。(制御プログラムを作成したのはたった2名でした。)
・その割に機構の動作の制御依存度が高い。
・スケジュール管理の不徹底。(機構試作機完成は12月、本番に近い形に機体が組みあがったのは3月下旬でした。これはひどい。)
また、これは私の私見ですが、全体に自分たちの力量を高く見積もりすぎていた感覚があります。もう少し、人数や技術力に見合ったものを作った方がうまくいったかもしれませんね。
来年はこれらの反省点を生かし、極力シンプルかつ確実な動作が可能なロボットを作っていきたいと思います。

NHK学生ロボコン2019を振り返る1/4(リーダー編)

お久しぶりです。

NHK学生ロボコン2019のリーダーを務めました、川上です。

一年間、リーダーを務めさせていただきましたが、今まで本当に色々なことがありました。少しばかり振り返らせていただきます。

僕はNHK学生ロボコン2018には携わっていなかったので、どういう動き方をしたらいいのか最初は全くわからず、マネジメントには全く自信がありませんでした。

先輩らの手助けもあって、なんとか運営できていた感じです(;^_^A

リーダーの業務にも慣れてきたころに、NHK学生ロボコンに向けた開発が本格的に始まりました。

4足歩行ロボットの開発が今大会の決め手になると思い全力で開発を進めました。全部で5台開発をしていたと思います。

人によって進捗状況が全く異なり、対照に評価しづらく開発のリズムがさっそく乱れてしまい早速マネジメントの難しさを痛感しました。

なんとか形になる4足歩行を完成させ、無事1次ビデオ審査に通過し、体育館での練習に向けた開発を進めていました。

しかし相次ぐ仕様変更で体育館練習には間に合わず、体育館を予約したのにもかかわらずロボットを体育館に持っていくことすらできない事態になり、さすがに第2次ビデオ審査の通過も危ぶまれました。

第2次ビデオ審査の直前まで開発を行い、審査のためにまともに練習をしていなかったのにも関わらず2分で奇跡的にウーハイを達成し何とか通過することができました。6年連続で通過していたので、非常に不安でしたがこの時ほど嬉しかったことはなかったです。

さて大会本番!!

↑会場で調整中のメンバー

全員NHK学生ロボコンに参加したことがなく、緊張していましたが大きなトラブルはなく機体も無事動きました。

と、思っていたら…

なんと期待2戦目の直前にMR2の足に不具合が生じ、至急メンテをせざるを得ない状況になりました。

試合の直前までメンテを行い、試合開始1分前に調整がやっと終わりました(;^_^A

そして動くかどうか怪しい状態で挑みましたがなんと!

試合でも正常に動きました!

ここまで上手く調整ができたのもずっと機体開発に携わってきたメンバーだからこそ出来たのではないかと思います。

シャガイを装填したMR1
ロープを越えるMR2

が、試合の結果は対戦校の圧倒的なスピードに完敗でした。。。すべての動きを試合で見せられることなく終わってしまったのが非常に悔しいです。

本番直前まで仕様変更が相次ぎ、練習に十分に時間を割くことはできませんでした。それが今回の大会での敗因の1つであったのではないかと思います。反省し来年に生かすべきポイントだと思います。

最後になりますが、支援していただいた企業の皆様、応援してくださったOBOG,教員を含む皆様の協力があったからこそここまでやってこれたのだと思います。

これからも応援していただけると幸いです。

ありがとうございました。

NHK学生ロボコン2019お疲れさまでした

こんにちは、Robohan広報の鳥山です。
先日NHK学生ロボコン2019が開催されました。

今年もライブストリーミングで大会の様子が全世界中に配信されていました!🌎 また、今回はスタンプやメッセージで応援できる「CHEER PLAYER」で会場がとても盛り上がっていました!

↑会場の様子

予選リーグは長岡技術科学大学さんと三重大学さんとの対決でしたが、残念ながら惜しくも2戦とも敗れてしまい、決勝リーグに進出することはできませんでした。ですが、「4足歩行」という今までにない難しいテーマに精一杯取り組み、多くのことを学ぶことができたと思います。観戦、応援して下さった方々、本当にありがとうございました。

↑今年のロボットとピットメンバー

このあとリーダー、機構,制御,回路長それぞれに記事を書いてもらう予定です。彼らのNHK学生ロボコンを終えての思いを一読していただければ幸いです。

大阪大学共創DAY@EXPOCITY

こんにちは。日が沈むのもだんだん早くなり、肌寒い季節になってきましたね。
さて、11/17(土)にEXPOCITYで開催された「大阪大学とあそぼう」にRobohanも参加しました。
内容は「ロボットアーム操縦体験」!
夏に開催されたキャチロボバトルコンテストに出場したロボットを皆さんに実際に操縦してもらいました。
準備不足で前半はたびたび調整や修理をしなくてはならず迷惑をおかけしましたが、後半は安定して動かすことができました。
沢山の人にお越しいただき、本当にありがとうございました!
これを期に大阪大学・Robohanに関心を持ってくださった方が
少しでもおられたら嬉しい限りです。

↑Robohanブースの様子

↑大阪大学総長との写真も撮らせて頂きました!
話は変わりますが、先日、NHK学生ロボコン2019書類審査通過の通知が来ました🎊
第一次ビデオ審査も近づいてきているので、より一層気を引き締めて頑張っていきたいと思います。

NHK2018を振り返る4/4(リーダー編)

皆さんお久しぶりです。NHK2018でRobohanのチームリーダーを務めた澤田です。
今回でNHK2018の振り返りは最後となります。最後にもかかわらず思いついたことをつらつらと書き連ねた駄文となっていますが、お時間のある方はぜひ最後までお付き合いください。
 
まずは昨年大会まで振り返りましょう。NHK2017はRobohanにとって大きな障害を突破した初めての大会でした。それは、本番で練習通りにロボットを動かせた、ということです。そんな当たり前に思えることが私たちのモチベーションにつながりました。(実は意外と難しい…)「私たちにもいいロボットを作ることが出来る」というこの自信は1年間に渡ってチームの支柱となりました。
では、そのモチベーションを最大限維持するにはどうすればよいか。
Robohanはロボットの製作から運営までのすべてを学生で行っています。しかし、メンバーはロボット製作に興味があって集まります。運営にはほぼ興味なし…これが我々の抱える最大の課題でした。一部のメンバーがロボット製作しかしない→残りのメンバーの運営の負担が大きくなる→不和やモチベーションの低下が起こる..こうなると勝てるビジョンは遠のいていきます。
じゃあ、で き る だ け 分担しよう! これが僕のリーダーとしての理念でした。
 
さて、こんな感じでチームリーダーを務めた感想としてはズバリ、めっちゃ楽やった、です。それもそのはず、僕はリーダーになった時から「何もしない」ことを宣言していました。え?って思った皆さん、私の思うつぼですね(笑)正確には、必要最低限のこと以外は何もしない、です。
これまでのRobohanのリーダーは、チームのマネジメントの大部分を一人でこなしていました。それは、メンバー数が少なければなんとかなるものですが、昨今のRobohanでは到底真似できるものではありません。(現在の部員数は約40名!)
そこで、僕は書類作成、ファシリテーター、モチベーティングだけに従事し、その他の運営やマシン製作をメンバーに委ねました。各々の能力に合わせて分担するのは難しかったですが、そのおかげで私はチーム全体を見やすくなりました。
 
とは言っても、順風満帆ではありませんでした。モチベーションの宿敵ともいえる大学の試験は第一次倦怠期(11月)、第二次倦怠期(2月)をもたらします。先輩の激励もありましたが、曲者揃いのメンバーたちにはなかなか響きません。(笑)そんな時は思い切ってリフレッシュするよう心掛けました。私自らお気に入りのボードゲームを持って行って徹夜で遊んだり、休んだり…。てすと??そんなものは知りませんねぇ!
このメリハリを意識した改革は大成功しました。一部のやる気満々だったメンバーには申し訳なく思っていますが、ロボコンというチーム競技においてこの選択は間違いではなかったと思います。
 
他には、出来るだけ多くの会話を心掛けました。気軽に話し合いができる環境づくりによって、笑顔が生まれ、活気が出てきます。悩んでいることを丁寧に聞いて一緒に考えたり、時には言いづらい意見をぶつけ合うことも出来ました。
また、明確な高い目標を持って、それを公言したことでメンバーのベクトルがそろった気がします。
 
こんな感じで(割愛)開発が進み、いよいよ4月。最後の追い込みが始まりました。ここからは一切の遊びはありません。半年以上頑張った成果を発揮出来るよう、出場メンバーは水~日、朝から晩まで活動しました。「課題は平日の放課後に片づけましょう」なんて言った馬鹿なやつは誰だ???(私です)活動の合間を縫ってレポートやら課題やらをこなすのは本当にキツかったですが、誰一人として折れずに最後まで耐え抜きました。
 
こうして臨んだ本戦ですが、結果は既にご報告した通り、当初の目標である優勝には及びませんでした。具体的には、優勝した東京大学の「Rong Bay」タイムが15秒。一方私たちは最速で27秒でした。
では、この差は一体どこから生まれるのでしょうか。どうすればこの差は埋まるのでしょうか。勿論実力の差は歴然ですが、その差をいかにして埋めていくかが今後のRobohanの課題です。
さて、そろそろ長くなってきたので、私はそろそろ筆をおこうと思います。この問いは頼もしい後輩たちがきっと解決してくれることでしょう!

最後になりましたが、顧問の石川先生をはじめ、最高の活動場所を提供していただいた三宅先生、そして厚いご支援をしてくださった皆様、誠にありがとうございました。
特別賞の受賞、シード権の獲得、勝利条件の達成と、Robohanの快進撃はまだまだこれからです。
今後とも変わらぬご支援のほどよろしくお願いいたします。

NHK2018を振り返る3/4(回路編)

お久しぶりです(?)2018年度回路長を担当してました丹羽です.。o○
NHK学生ロボコンが終了して早くも1月経ってしまいましたね.。o○
今回は回路面に関しての振り返りを書きたいと思います。
実は、昨年大会の時点でRobohanの回路は致命的な問題を抱えていました…
それは…燃えるMD(モータドライバ)です。
さて、ここでMDって何ぞや???って方のために軽く紹介しますと…
一言で言ってしまえば、モータの回転方向&回転速度を制御する基板です。
モータには24Vで数A~数十Aの電流が流れています。
つまり、それを制御するための素子には数十W~数千Wの負荷がかかっています_____
制御するための素子が「「「もう耐えられないよ…!!!!」」」ってなった時に素子は壊れて俗に「「「焼けた(燃えた)」」」と言います。
そこで今回、市販されている安価でツヨツヨなMDを参考に新しいMDを開発しました~!
(なお、完成したのがGW練習試合前でうまく練習試合で動く保証なかったの割と問題だったね、ごめんね())

一晩でこんだけ量産して楽しんでましたね

なんと…このMDにしてから1度だけしか燃えてません…!(よかったぁ(((o(*゚▽゚*)o))))
ただ、このMDはなる早で完成させることを意識したので性能のいいマイコンを使用してなかったりまだまだ足りない部分はあるので改良すべきですね()はい()
萌えるけど燃えない部分もあります.。o○

今回はこのMDに関してのみ紹介しましたが、実は他にも回路の改良は行っており今回の大会のために作成した基板の種類は8種類以上作りましたね(正直、覚えてない___)
NHK2018のために作られたプリント基板

先日、NHKでの放送の通り本番ではそれらの性能が完全発揮されることなく、会場特有の「「「魔物」」」の存在もよくわかりました。
それらの対策&さらなる性能向上をした上で来年度大会に臨みますのでこれからも応援の方よろしくお願いいたします!!!

NHK2018を振り返る1/4(制御編)

こんにちは、前年度の制御長です。今年も振り返ります。
去年の7月によく活動場所に顔出してくれるから(これ重要)って理由で制御長に任命されました。制御長の仕事ってなんだろう?進捗管理とチケット承認です。簡単そう!って思いましたが、失敗しまくりでした。
ロボハンではnhkが終わって新ルールが発表されるまでは技術開発が自由にできる時期です。しかし、一人にタスクを抱えさせすぎて開発が中途半端になってしまいました。当たり前ですが複数の重い開発を同時にさせるべきではありませんでした。進捗管理って難しいですね…もう少し皆の開発に首突っ込めれば良かった…
1次審査を突破したあと、2月末の中間報告会で「いい機構なのに制御がもったいない」と言われてしまいました。そこでOBさんと教授を頼って2次審査でかなりタイムを縮めることができました。さっちゃん先輩、石川先生、本当にありがとうございました。
2次審査ではLRFを使えるようになりました。部室に眠っていたLRFで、ROSとJETSONを導入し、slamした勝田くんすっげぇー。春ロボと並行しながら、機構が増えて機能が増えていく投射部分のプログラムを書いてくれた平尾くんすっげぇー。
2次審査を通過した後、近畿合同練習試合の後も機構の大幅な変更をやめてもらいました。機構の大幅な変更がなかったので、調整と高速化に集中することができました。
本番までに試合形式の練習をたくさん出来たおかげで、おかしい挙動の洗い出しや細かい改良が出来て、わりと安定化出来たのかなと思います。通し練習は大事ですね。
1試合目は混線によりROSIPが取得できなくて決勝Tに残れませんでしたが、2試合目はローカルで完結させたので動くようになり、パナソニックシステムソリューションズジャパン株式会社さんから特別賞を頂けました!
ところで手動機の鏡気になりますよね?(気になって下さい)
LRFが手動機を壁だと認識して、自動機が手動機について行く問題を力技で解決した鏡です。
最初はくしゃくしゃにしたアルミホイルでレーザー散らそう!ってやっていたのですが、練習試合で全く意味をなしていないことに気がつきました。
鏡面スプレーとレーザー吸収スプレーを手動機に塗ってもダメだったのですが、100均で買ってきた鏡をつけたら壁だと認識しなくなりました(やりました!)
一見解決したように思ったのですが、鏡に映る壁を認識して存在しない壁を作ってしまい(LRFの内部構造とおなじですね)、結局鏡を斜めに配置することで解決しました。
馬鹿みたいですねw

NHK学生ロボコン2018お疲れさまでした

こんにちは、Robohan広報の川上です。
先日の昼間にNHK学生ロボコンに出場したロボットが帰ってきました。((≧∇≦)お疲れ~)

NHK学生ロボコン2018もとうとう終了してしまいました。

↑会場の様子
1試合目は不調でしたが、2試合目までには無事調整も終了しロンバイも見事達成しました!!決勝トーナメントには惜しくも進出できませんでしたが、奮闘してくれた2台のロボットには本当に感謝です!

そしてななななんと!!!!!
パナソニックシステムソリューションズジャパン株式会社から特別賞を頂くことができました🎉🎉🎉

今年はRobohan史上初シード校に選ばれるという業績を残すことができ、まさに急成長しているところです。来年こそは必ず優勝します。
観戦、応援して下さった方々、本当にありがとうございました。

シード校に選ばれました!!!

こんにちは、今朝から東京入りしています。
いやぁ~、今日の東京は暑かったです。
猛暑の中、会場となる 大田区総合体育館にてテストランが行われました。
僕たちロボハンは安定かつ好タイムのロンバイで、なんとシード校に選ばれました!!!
第9,17試合に出場しま~す。

明日は優勝目指して頑張るぞー うぉ~~!!