「NHKロボコン」カテゴリーアーカイブ

いろぼはん

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
NHKロボコンの日本語版ルール
発表されましたー⊂(^ω^ )⊃
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

はじめまして。
おおもりれいです。

よくわからない理由で
夏からロボハンにいます(´^ω^`)
物理、ロボット、機械 etc…
これ系ぜんぶ苦手なのにロボハンにいるという…



(´^ω^`)
だけど最近いちおう、ちまちま勉強中です。


今日これ8ページやった。泣ける。

西せんぱいに
教えてもらいまくりでした。
トラスとかいうやつを
びみょうに身につけて
レベルが2になりました(^ω^ )
レベル1のときは
物理学者の顔を調べて眺めてただけなのに、
ひとつレベルがアップしただけで
数字とか矢印とかを使ってます。
この調子だと、
レベル50ぐらいで、空とか飛べそうです。
きゃっほー⊂(^ω^ )⊃
これから毎週月曜日は
わたしが記事を担当します。
今回は何を書こうかな、
ちょっとアレやってみます。
部員が何レンジャーか書いてみます。
お暇な方は
メンバー紹介ページと
照らし合わせてみてください(´^ω^`)
《3回生》

田中せんぱい…黄レンジャー
それプラス、なんとなくだけど
村上春樹の小説っぽいです。

西せんぱい…青レンジャー
濃い青です。
ロイヤルブルーてゆうやつ。
本谷せんぱい…ホワイト
白レンジャーじゃなくて、ホワイトなんです!
レンジャー・ホワイトです。
《2回生》

中津せんぱい…緑レンジャー
癒し系だから。
『みどれんじゃー』て読みます。
《1回生》

足立くん…ピンク
うすいピンクです。
ももレンジャーか迷います。
江草くん…レッド
わたしは前に江草くんが
『やっぱカレーにはナンが合うな。』
って言ってたのがすごい頭にのこってます。
すべて独断と偏見だけど、
こうして見ると、ロボハンはカラフルです(^ω^)
1回生のところに、わたしが入ってないけど、
サターンを目指すのでいいんです(^ω^)
秋も深まって
紅葉がきれいな時期なので、
色にまつわる記事にしてみました◎
それではまた来週ー⊂(^ω^ )⊃

川(River Surface)、完成

こんばんは、1回の江草です。
まず一つめはタイトルの通り、足立くんが製作を進めてくれていたRiver Surfaceが完成しました。
River Surfaceとはクラトンを流す川の部分なのですが、揺れる構造になっているのです。本当は動画を上げたかったのですが暗かったためとりあえず写真をアップします。

River Surface 1
River Surface 1

River Surface 2
River Surface 2

ルールではこの川はt=4mmの木と決まっていたので同じ材質で作ったのですが予想通り揺れるだけでなくかなりたわみます。これで正しいのかどうか…
次はルールの紹介映像です。本日公式ペーシを確認すると高画質版が出ていたのでこちらで差し替えた日本語字幕の動画をアップしました。
それではまた進捗があれば投稿します。

授業開始

こんばんは、1回の江草です。
お久しぶりです、先週の金曜日から後期の授業が始まりました。
Robohanでは最近の近況報告ができていませんが、いろいろと事は進んでいます。
うちのチームの戦略が可能かどうかの試験をしたりと、なかなか公開できない内容が多いため報告ができないのが残念です。
ぜひ、大阪大学の学生で興味がある人はぜひ見学だけでも来て下さい。
という短い内容ですいません。報告できることがあればどんどん載せていくつもりではあります。それでは。

ケーキ完成

こんはんは、1回の江草です。
本日はフジカットに発注していたケーキ、ではなくクラトンの部品が到着しました。

ケーキ
ケーキ

ベース、ペタル、フラワーと、キャンドルライトフレームを用意しました。炎は白いとどうみてもホイップクリームにしか見えないのでケーキにしてみました。
というのはさておき、このようになるはずです。
クラトン
クラトン

なので、必要な部品に塗装していきました。
塗装中
塗装中

小物?製作

こんばんは、座布団設計主任の西です。
今日はロボコンで使用すると思われる小物(といっても結構サイズはありますが)の製作をちょっと進めました。

パイプ
パイプ

上のパイプはフィールド上にあるポールに使用するものです。もっとでかいと思っていましたが、腰の高さぐらいです。
サイズ制限のことを考えると妥当な高さでしょうか。
このパイプの上にいろいろ小物がのります。
さらにこの中には小物の部品も入ってます。
次にケーキ、ではなく「クラトン」 の部品です。
ざぶとん?
ざぶとん?

まるで座布団!
2010年度大会の際にいただいたロンリウムの端くれで作りました。
クラトンの上面や下面などに貼り付ける予定です。
ただし、現在の重量だけで1.5kgを超えていますのでそのまま採用されるかどうか・・・
あとは発注の終わった発泡スチロールが 届くのを待つばかりです。

発注始めました

こんばんは、1回の江草です。
ルールの翻訳が終わり、本日フィールド・小道具の3DCADの設計も終わりました。
そこで、小道具を製作するために必要な部品の発注を始めました。
特にクラトンの円盤部分と、炎の部分に使おうと思っている発泡スチロールは見積もりも終わり、発注も済ませました。
これを設計している途中で、炎(ルール上でのCandleLightFlame)は物理的にルールの図面による製作方法では製作できないことに気づきました。

CandleLightFlame
CandleLightFlame

この図面では炎(Flame)をUpperPlateの穴に通さないと製作できませんが、UpperPlateの穴は直径52mmであるのに対してFlameの一番太い部分は80mmもあるのです。
ですから、実際の製作上ではUpperPlateを2つに分けて、Flameを挟むように作業をする予定です。

ABUロボコン2011

こんばんは、1回生の江草です。お久しぶりです。
先日22日にタイで開催されるABUロボコン2011のルールが発表されました。Robohanでも早速方向性の検討の為に、英語で公開されているルールを日本語に翻訳する作業を本日終えました。

ABUロボコン2011 ルール日本語訳
ABUロボコン2011 ルール日本語訳

部室では各々作業や実験をしながらアイデアを出している状況で、大分と方向性も見えきました。
正式には来週の月曜日にメンバーを集めて検討会を行う予定です。
ここで2011の大会の概要について説明します。
今回はタイの伝統行事である「ローイ・クラトン」がモチーフになっており、「ローイ」は「流す」、「クラトン」は「灯籠」を意味しており日本語にすると「灯篭流し」ということになります。
つまり、ロボットが協力して灯籠を組み立て、川に落とすということが一連の作業ということになります。
詳しくは紹介映像に日本語字幕をいれたビデオを用意しましたのでこれを見てください。