ROBOHAN紹介2回目!(ソフト班について)

Share on:

3月も終盤となり、新入生の皆さんはこれから始まるキャンパスライフに胸を躍らせている頃でしょうか? 今回は前回の機構班の紹介につづいて、ソフト班について紹介します! ソフト班の活動は主に回路分野と制御分野に分けられます。 回路分野は 機構班が作ったロボットの機体を動かすための 基板や配線を担当しています! 基板はパソコンを使って設計・製造します。 下の写真のようなソフトを使って基板を設計してます。 製造した基板への部品のハンダ付けも担当しています。

制御分野は ロボットを思い通りに動かすためのプログラムを書きます! プログラムはC言語などのプログラミング言語を使って、マイコンと呼ばれる小さなコンピュータのようなものに命令を書き込みます。

↑プログラムのようす 「難しそう…」「こんなのやったことない…」 と思ったかもしれません。でも心配ありません! Robohanに入る新入生はほとんどが最初は未経験の初心者なんです!! Robohanに来てくれた新入生には毎年、先輩が回路やプログラミングの基礎を丁寧にわかりやすく教えています! (学部によっては授業の先取りにもなります!) 少しでも興味を持ってくれた方はぜひ気軽に新歓に足を運んでください!